相続・遺言の相談事例

他の相続人が精神病なのですが、どのように遺産分割を行えばいいでしょうか(藤沢市)

2015年10月15日

藤沢市の方よりいただいたご相談事例

母が先日亡くなり、相続が発生したのですが、相続人である弟が精神病で藤沢の病院に入院しています。財産は預金だけです。入院している弟には母が亡くなったことは伝えていますが、理解しているかはわかりません。弟とはきちんと話ができるような状態ではないのですがどのように分割の手続きを行えばいいでしょうか?

 

成年後見人の選任が必要となります。

遺産分割は相続人全員が同意し、遺産分割協議書に署名・捺印しないと遺産分割できません。相続人に精神病や認知症で判断能力が不十分な方がいらっしゃる場合、成年後見人の選任が必要となります。例えば、弟さん抜きで、ご相談者様と他のご兄弟様と遺産分割に話し合いを行っても、相続人全員が同意したとはみなされないので、家庭裁判で後見人の選任を行ったほうが良いでしょう。
後見人は、親戚や知人、行政書士などの専門家など、誰でもなることができます。しかし、選任するかどうかの判断は裁判所が行います。

少しでもご不安なことは、、湘南藤沢・相続遺言相談センターへお気軽にお電話ください。無料相談は平日と土曜に毎日実施中です。

 

 

この回答をした相続遺言相談センターの担当者

司法書士法人オーシャン
司法書士 山崎 亮太郎

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内 横浜事務所:横浜市西区高島2丁目14-17 クレアトール横浜ビル5F 藤沢事務所:藤沢市鵠沼石上1丁目1-1 江ノ電第2ビル4F 渋谷事務所:渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティWEST オフィス棟22階
  • アクセス
    横浜事務所:JR線・京急線・東急東横線、みなとみらい線 横浜駅徒歩2分
    藤沢事務所:JR線・小田急線 藤沢駅徒歩3分 江ノ島電鉄 藤沢駅 徒歩1分
    渋谷事務所:京王井の頭線 渋谷駅直結 渋谷マークシティWESTオフィス棟22階
  • 県内からのアクセス
  • オーシャン・ブログ
  • 戸籍謄本取り寄せオンライン
  • いきいきライフ協会
  • 遺産分割調停 弁護士相談プラザ|法律事務所オーセンス
おもてなし規格認証