国内最大級!年1200名利用の相談センター 家族信託対応 横浜・藤沢・渋谷で初回の無料相談から相続手続き、遺産相続、遺産分割協議書、名義変更、遺言書作成サポート!行政書士・司法書士法人オーシャン。

相続放棄の期限について

ここでは、相続に関するテーマの中で、相続放棄をメインにお伝えします。その中でも、特に気を付けなければならない相続放棄の期限について、また、相続放棄を期限内に行えなかった場合の注意点についても解説を行います。

相続放棄をする前に財産状況を確認しましょう

相続放棄の前に行うべきこと

相続放棄の手続きを進める前に確認をするべきことがあります。それは財産の状況を確認・調査を行うことです。ではどうして財産の確認や調査を行うべきなのでしょうか?下記に財産の状況を確認することのメリットを解説します。

財産を確認することの必要性

相続放棄を行いたいと思う方にとっては財産の確認をすることに必要性を感じない方もいらっしゃると思います。しかし、一度、放棄をすると、後からプラスの財産が見つかっても遺産を相続することができません。後から取り消すことができないため、あらかじめ財産の確認をすることで、適切な判断を行うことが可能になります。

相続放棄の期限は3か月以内

 

では、実際に相続放棄を行う場合に留意しておくべきことについてお伝えします。
ここで留意しておくべきこととしては相続放棄の期限です。それでは、内容を見ていきましょう。

相続放棄には期限がある

相続放棄には期限があります。その期限は、被相続人が亡くなって相続が発生したこと、又は自分が相続人であることを知ってから3か月以内です。そのため、下記の手続きをこの期限内に行わなければなりません。

相続放棄の手続きの流れ

  1. 財産調査を行う
  2. 相続放棄のための書類の準備(戸籍、住民票、申述書など)
  3. 家庭裁判所への申し立て

これらのことを3か月以内に行う必要があるということを理解しておきましょう。

相続放棄の期限を過ぎてしまった場合の手続きについて

ここでは、相続放棄の期限を過ぎてしまった際の対応についてお伝えします。

相続放棄の期限を過ぎてしまった場合

原則として、期限である3か月以内に相続放棄を行わなかった場合、借金や他の財産も全て引き継ぐ、単純承認という扱いになります。では、期限を過ぎていても相続放棄を行いたい場合にはどうするべきかについてお伝えします。

相続放棄の期限を過ぎた場合には、相続放棄を行えないのか?

原則的に、相続放棄の期限を過ぎた場合には、相続放棄を行うことはできませんが、例外として期限を超えた場合にも例外的に認められるケースがあります。まずは、過去に認められた判例を提示します。

相続放棄の期限を超えた場合でも手続きが認められた判例

被相続人に相続財産が全くないと信じたために3か月以内に相続放棄をしなかったケースで、そのように信じたことについて被相続人と交流がなかった等の正当な理由があるときには、3か月の期限は、相続人が相続財産の全部又は一部の存在を認識した時から進行すると判示しました。(最高裁昭和59年4月27日判決)

このように、被相続人に相続財産が全くないと言われていたこと、交流がなく財産内容を知る術がなかった、嘘をつかれていたことなど、正当な理由がある場合には家低裁判所に事情を説明することで認められるケースもあります。

このように認められる可能性があるのに、判断がつかず、どう対処すれば良いかわからない方など、相続手続きに関するお悩みを持っている方もいらっしゃると思います。どんなに些細なことでも構いませんので、お困りごとがある際にはお気軽に我々オーシャンにご連絡ください。経験豊富なスタッフが責任を持って対応させて頂きます。

 

相続放棄のサポート(相続放棄・負債の調査)

  • 相続放棄と負債の調査に関するサポートは下記にてご確認ください。

  • 3ヶ月を過ぎている場合の相続放棄は、1名様のみ96,800円となります。
  • 相続放棄の期限がギリギリの場合は、期間伸長の申立てが必要となる場合があります。期間の伸長のみの場合は44,000円となりますが、放棄をする場合は1名目は31,900円となります。
相続手続きの無料相談 お問い合わせフォーム お電話でのご予約はこちら 相続手続きに関することならお任せください! 0120-822-489