夫婦で遺言書を作る

夫婦で遺言書を作成することを考える場合、一番のポイントは相続人が誰になるか? ということになると思います。

まず、はじめに子供のいない夫婦の場合からご説明します。 この場合がもっとも遺言書が重要になると言って過言ではありません。  しっかりと確認していきましょう。 

子供のいない夫婦で、夫が亡くなり、妻が残った場合

左の図のように、子供いない夫婦で夫の両親が 既に亡くなっている場合で、夫の兄弟がご存命 であると妻が相続分は4分の3となります。
つまり、夫の兄弟が4分の1の財産を相続する 権利があるという事です。 

こうした場合で、夫の兄弟との関係性が良好で あれば問題ありませんが、そうでない場合は 夫名義のご自宅も預金についても、4分の1を 夫の兄弟が相続できる権利があります。

こうした場合で遺言書が無いと下記のような問題が起こる可能性があります

現実的な問題として、当センターでは下記のようなご相談があります。

  • 夫(妻)の両親との関係が悪いため、夫(妻)名義の不動産の名義変更ができない
  • 自宅を売却して1000万~2000万円の現金を作って、老人ホームに入りたいが、 自宅の名義変更が出来ないので自宅を売却できず、施設に入ることが出来ない
  • 両親との関係性はまったく悪くないものの、両親が高齢で認知症となっているため、 相続手続きをするために、成年後見の申立ての必要となってしまって困っている

遺言書を作っていれば、問題ありませんが、遺言書が無ければ子供のいないご夫婦には 必ず付きまとう問題になりますので、事前に対策が必要となります。 

子供のいない夫婦で夫が亡くなり、妻が残った場合で、配偶者の兄弟がいる場合

左の図のように、子供いない夫婦で夫の両親が 既に亡くなっている場合で、夫の兄弟がご存命 であると妻が相続分は4分の3となります。
つまり、夫の兄弟が4分の1の財産を相続する 権利があるという事です。 

こうした場合で、夫の兄弟との関係性が良好で あれば問題ありませんが、そうでない場合は 夫名義のご自宅も預金についても、4分の1を 夫の兄弟が相続できる権利があります。

こうした場合で遺言書が無いと下記のような問題が起こる可能性があります

現実的に、相続手続きを進めるためにはすべてにおいて、夫の兄弟に「実印」と「印鑑証明」を お願いしなくてはいけません。こうなると下記のような問題があります。

  • 夫婦で築いてきた財産の4分の1を夫の兄弟に要求されてしまう。 
  • 夫の兄とは仲が良くても、その兄の妻との関係性が悪く、協力を拒否されてしまう
  • 夫の兄弟とは関係性が悪くないが、夫と同様に高齢であるため認知症となっており、 相続における手続きにおいては成年後見の手続きを経なくてはいけない。
  • 手続きが進まないので、自宅や預貯金の名義を自分に変えることができない

こうした法律上の問題で、自分の配偶者を将来にわたって心配にさせないためにも きちんと法律的に有効な遺言書を残しておくことが重要です。

権利意識の高まった現代では、遺言書は「縁起でもない」と言ったものではありません。 連れ合いの老後の人生を守る、非常に有効な対策となります。 その効力は単純比較は出来ませんが、法律的な観点からみると生命保険以上のものとなる のではないでしょうか。しっかりと検討してきましょう。

また時々、配偶者のどちらかを心配されている方もいらっしゃいますが、どちらの立場で あっても、この問題は当てはまりますので、お二人で作成される事が重要になります。  

夫婦で遺言書作成は、当センターの「むつみ」プランがお勧めです

行政書士・司法書士法人オーシャンは、遺言書作成において県内でもトップクラスの実績を もってお手伝いをさせていただいておりますが、特にこのご夫婦で作成する遺言書の場合、 日本国内でも珍しい割引プランをご用意しております。 

詳しくは、こちらからご確認ください。

通常、法律家に関わってもらって遺言書を作成する場合、10万円くらいの報酬が相場と なりますが、当事務所は夫婦で作成する場合に、いくつかの工程が重複することに着目し、 重複する業務の報酬については差し引いてお手伝いするプランを作りました。 このため、相場よりも5万円以上も安く遺言書の作成ができる「むつみ」プランにて遺言書 作成のお手伝いが可能です。お気軽にお問い合わせください。

  • 信託銀行で遺言書を作成される場合、お1人様30万円~の費用となってしまう場合があります。 遺言書は専門の法律家にご相談ください。
  • 当センターでは、年間100件の遺言書作成のお手伝いをしており、実績やノウハウがあります。遺言書の作成は 実績ある専門の事務所にご相談ください。

夫婦で遺言書をご検討なら、 

遺言書作成、書き方についての関連ページ

初めての方にもわかりやすく解説します

相続手続き、遺言書、生前対策を調べる・学ぶ

相続遺言相談センターの
無料相談のご案内

1

まずは、お気軽にお問い合わせ下さい!

お電話にてお客様のご都合の良い日時をお伺いいたします。
当事務所の専門家のスケジュールを確認させて頂き、ご来所又はご訪問のご予約をお取りいたします。

2

ご予約いただいた日時に事務所へお越しください。

多くの方は、司法書士や行政書士などの事務所に訪問されたことが無いと思いますので、すこし緊張されるかもしれませんが、ご安心ください。
当センターでは、スタッフが笑顔で対応させていただきます。場所が分からない場合には、丁寧にご案内させていただきます。お気軽にお電話ください。

3

無料相談にてお客さまのご相談内容をお伺いいたします。

およそ90分前後の無料相談では、専門家がご相談内容をしっかりとお伺いさせていただきます。
そのうえで、どのような手続きが必要となるのか、一連の手続きの流れと注意点について丁寧にお伝えさせていただきます。どうやったら余計な手間や無駄な税金を省けるかなど、お客様の立場にたって分かりやすくお伝えいたします。

「お客様の家族のように」お手伝い。

何よりも当センターが大事にしている事は、スキルやサービス品質はもちろんですが、「お客様の家族のように」をモットーとして完全に無料相談から手続きの流れや問題解決の方法を身内になったつもりで丁寧にお伝えするを姿勢にあります。無料相談をして、安心できる担当者や料金体系、フォロー体制を確認した上で納得いただいた上でご依頼下さい。「相談したら、いきなり契約をしなくてはいけない」なら、安心して気軽に相談にも行けません。是非とも安心して無料相談をご活用ください。

お電話でのご予約はこちら 横浜・渋谷・藤沢を中心に、相続・遺言の無料相談! 0120-822-489 相続・遺言の
無料相談
メールでの
お問い合わせ