国内最大級!年1200名利用の相談センター 家族信託対応 横浜・藤沢・渋谷で初回の無料相談から相続手続き、遺産相続、遺産分割協議書、名義変更、遺言書作成サポート!行政書士・司法書士法人オーシャン。

戸籍謄本と戸籍抄本

戸籍謄本(こせきとうほん)と戸籍抄本(こせきしょうほん)の違いをご説明いたします。

戸籍謄本とは、戸籍内の情報を全て写したもののことです。戸籍内に記載されている全員の情報が写されています。
一方、戸籍抄本とは、戸籍の一部の情報を写したもののことです。必要な情報だけ写す場合にはこの戸籍抄本を取得することになります。

平成6年より戸籍のコンピュータ化が進んでおり、コンピュータ化されている場合には、戸籍謄本と戸籍抄本の名称が変わっています。
戸籍謄本は「戸籍全部事項証明書」、戸籍抄本は「個人事項証明書」と言います。
しかし、実務上はこれまで通り戸籍謄本と戸籍抄本で窓口でも通じるようです。

 

相続人調査、相続財産について詳しくはこちら

相続手続きの無料相談 お問い合わせフォーム お電話でのご予約はこちら 相続手続きに関することならお任せください! 0120-822-489