国内最大級!年1200名利用の相談センター 家族信託対応 横浜・藤沢・渋谷で初回の無料相談から相続手続き、遺産相続、遺産分割協議書、名義変更、遺言書作成サポート!行政書士・司法書士法人オーシャン。

遺産分割 事例紹介

ここでは、遺産分割に関する問題解決事例をご紹介させていただきます。

遺産分割の難しさは、①人間関係が絡むこと、②10万~20万という金額ではなく、一生のうちで最も巨額の財産が動くタイミングであるにもかかわらず素人同士で勝手なやり取りをしてしまうこと、③そもそも、双方が法律を理解していないこと、④時間が経つと税金の問題などが出て来てしまってさらに絡まってしまうこと、⑤感情的なしこりが凝り固まるとどんな合理的な解決案であっても相手が受け入れてくれないこと、⑥時間が経つと高齢の相続人が亡くなってしまい、さらに問題が複雑になってしまうこと、また会った事も無い相続人で多額の財産の分け方を決める話をしなくてはいけない事などではないでしょうか。

こうした問題をひきずっていても、まったく解決に至らないところか時間が経てば経つほど問題は複雑化していきますので、早期に専門家にご相談されることをお勧めします。

もしお客様が遺産分割でお困りでしたら、完全に無料相談から対応し、報酬も安心プライスで対応している当事務所にご相談ください。

遺産分割の事例紹介 <よくあるお困りごと>

  • 亡くなった両親と一緒に同居していた兄弟が財産を開示してくれない
  • 遺産分割とは関係の無いハズの親族が手続きに関わって来ている
  • 相手から預貯金の遺産分割に必要だからと、金融機関の所定用紙にハンコを押して、印鑑証明を送ったところ、いっこうに連絡がない。そもそも金額の分からない
  • 相続財産が不動産だけであるものの、兄弟が住んでいるので遺産分割がうまく進まない。代償金の話もどのようにしたら良いか分からない 

遺産分割の事例紹介 <非常に難関なお困りごと>

  • 財産が5億円以上。相続人は東北の兄と関東に住んでいる弟。相続税の掛かる事案にも関わらず、相手側が財産総額を教えてくれず、ハンコだけ押してくれと言ってきて困っている。遺産分割の割合もひどく不公平。相手側の税理士もこちらの連絡に応じてくれない。
  • 相続税の申告まで、あと5ヵ月しかないものの兄弟間で遺産分割がまとまらない。相続財産のうち、不動産が7000万、預貯金が5000万?ちかくあると思われるが、長男が母の介護以外にも使い込んでいたようで開示してくれない。期限内に申告すれば小規模宅地の特例なども使えるが、そもそも課税対象となる相続財産が不明確。
  • 公正証書遺言があったものの、兄が勝手に遺産分割を進めてしまい、不動産3000万と預貯金5000万のうち、兄が不動産を相続し、預貯金も3000万円を相続して、1000万ずつだけ私と弟に相続させたいと言っている。銀行のハンコは押してしまったので、兄が5000万円をすべて金融機関から受け取ってしまったので話が進まない。 

親族間における人間関係も壊し、そして自分が相続する財産の10%以上も高額の報酬を弁護士の先生にお支払いしてまで、何年も争っていく意味が無い。また、そんな事はしたくない
そうお考えの方は、是非とも、きちんとした相続手続きを踏んでいただき、まずは協議分割を目指されることをお勧め致します。
改めて、協議分割に向けた手続き をご確認ください。

※行政書士の職務範囲では相続人調査、相続財産調査、遺産分割協議書の作成となっておりますので、職域を超える代理行為はお受けすることは出来ません。

遺産分割での相続人の権利について詳しくはこちら

相続手続きの無料相談 お問い合わせフォーム お電話でのご予約はこちら 相続手続きに関することならお任せください! 0120-822-489