不動産名義変更の流れ

ここでは、相続による不動産(土地・建物)の名義変更についてご説明します。

相続が起こった場合、被相続人名義の不動産を相続人名義に変える手続を進める必要があります。相続を原因とする不動産の名義変更の場合、相続人間における遺産分割協議がまとまっていて、遺産分割協議書が完成している事が前提です。

不動産の名義を変更しなかったために、手続きが複雑になってしまったり、相続トラブルに発展してしまうケースもありますので、相続不動産の名義変更は速やかに行うことをお勧めいたします。

民法により不動産は時効取得が可能です。そのため、相続した土地や建物が一定期間の間、他人に占有されていると、その他人の意図は別にしても、他人の財産となる手続きを進められてしまう可能性があります。また、その他人の占有を止めてもらうにも、きちんとした法的な手続きをとらなければ、自分の土地であっても、反対に訴えられてしまうケースもあるため注意が必要です。

法律には、「権利の上に眠るものは保護に値せず」という言葉があります。速やかに自分のものは、自分の名義にする手続きを行いましょう。

不動産の名義変更の方法

不動産の名義変更の大きな流れは以下のとおりです。

相続人の調査と確定

被相続人の 戸籍謄本 を出生から死亡まで全て取り寄せて、相続人が誰であるかを明確に特定します。
その際、抜けている戸籍があると法務局で受付てもらえませんので、きちんと 改製原戸籍 なども取り寄せて調査をする必要があります。

相続財産調査

相続財産となっている金融資産や負債の調査、不動産の特定をします。不動産の場合には複雑に分筆されていたり、私道があったりする場合は要注意です。

遺産分割協議および遺産分割協議書の作成

相続不動産の登記申請の際に遺産分割協議書がきちんと出来ていない場合、法務局で補正が入り何度も自宅に戻って書き直したり何度も相続人の方に訂正印を求めれて郵送のやり取りをされることがあります。

法務局にて、不動産の登記申請を行う。

登記申請に必要な書類をすべて収集して法務局に申請します。自分で手続きをしたい場合は、法務局の窓口で相談しながら、申請書を作成していきます。
司法書士が担当する場合、オンラインで申請が出来ます。

法務局へ登記識別情報(権利証)を受け取りに行く。

1~2週間で登記が完了すると、法務局に行って自分の名義になった登記識別情報を受け取りに行きます。自分で申請すると紙が渡されるのみですが、司法書士に依頼した場合、司法書士が権利証を製本して内容を説明してお渡しします。また、法務局に行く必要もありません。

手続きの詳細のご案内

手続きの進め方について、詳しくご説明いたします。登記に必要な書類は、どのように遺産分割の協議が行われたかによって必要な書類が異なってきます。具体的には以下の通りです。

法定相続人が一人の場合、または法定相続分で相続をする場合

  1. 被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本。
  2. 法定相続人の戸籍謄本。
  3. 法定相続人全員の住民票。
  4. 相続する不動産の固定資産税評価証明書。
  5. 被相続人の住民票の除票(もしくは戸籍の附票)
  • 東京23区の不動産についての固定資産税評価証明書は都税事務所で取得します。

遺産分割協議で決めた割合で相続をする場合

  1. 被相続人の出生から死亡までの戸籍謄本。
  2. 法定相続人の戸籍謄本。
  3. 不動産取得者の住民票。
  4. 相続する不動産の固定資産税評価証明書。
  5. 法定相続人の印鑑証明書。
  6. 遺産分割協議書。
  7. 被相続人の住民票の除票(もしくは戸籍の附票)

申請書の作成

登記申請書の作成については、当司法書士法人にご依頼いただける場合は、すべて当法人の司法書士が担当します。通常、登記の申請は登記申請書に集めた書類をクリップで止めて、相続する不動の所在地を管轄とする法務局(登記所)に登記申請します。

提出した書類に不備がなければ1週間~2週間くらいで登記が完了し、不動産の名義変更が完了します。登記申請する際には税金(登録免許税)の納付が必要になります。なお、そのときに必要になる税金(登録免許税)は、固定資産税評価証明に記載されている不動産の価格に1000分の4を乗じた価格となります。

  • 固定資産税2000万円の不動産であれば、4/1000ですので、8万円が登録免許税となります。

土地を分けてから登記する場合

相続人で土地を複数の土地に分ける場合には、相続登記の申請をする前に、その土地を物理的に分ける手続きを行います。この場合には地積測量を行い、1つの土地を複数の土地に分ける手続き(土地分筆登記)の申請が必要になります。その手続きのあとに各相続人名義に名義変更することになります。
この際の分筆は土地家屋調査士の仕事になりますので、この分筆のところのみパートナーの土地家屋調査士が担当し、不動産登記に関する手続きは、すべて当法人の司法書士が対応いたします。まずは、お気軽にご相談ください。

相続遺言相談センターの相続登記に関する無料相談

当グループは、相続関連業務において国内トップ10に入る業務実績があるほか、上場企業様の相談窓口を担当するなど、接客対応ふくめてきちんと対応させていただいております。相続手続きは、どの事務所に依頼するかで結果が変わる場合もあります。信頼できる相続遺言相談センターにお気軽にご連絡ください。

年間で3,000件超のご相談と、年間2,000件超のご依頼をいただく、相続専門の法務事務所でございます。どんな事でもお気軽にお問合せください。

不動産の名義変更(相続登記)の関連ページ

初めての方にもわかりやすく解説します

相続手続き、遺言書、生前対策を調べる・学ぶ

相続遺言相談センターの
無料相談のご案内

1

まずは、お気軽にお問い合わせ下さい!

お電話にてお客様のご都合の良い日時をお伺いいたします。
当事務所の専門家のスケジュールを確認させて頂き、ご来所又はご訪問のご予約をお取りいたします。

2

ご予約いただいた日時に事務所へお越しください。

多くの方は、司法書士や行政書士などの事務所に訪問されたことが無いと思いますので、すこし緊張されるかもしれませんが、ご安心ください。
当センターでは、スタッフが笑顔で対応させていただきます。場所が分からない場合には、丁寧にご案内させていただきます。お気軽にお電話ください。

3

無料相談にてお客さまのご相談内容をお伺いいたします。

およそ90分前後の無料相談では、専門家がご相談内容をしっかりとお伺いさせていただきます。
そのうえで、どのような手続きが必要となるのか、一連の手続きの流れと注意点について丁寧にお伝えさせていただきます。どうやったら余計な手間や無駄な税金を省けるかなど、お客様の立場にたって分かりやすくお伝えいたします。

「お客様の家族のように」お手伝い。

何よりも当センターが大事にしている事は、スキルやサービス品質はもちろんですが、「お客様の家族のように」をモットーとして完全に無料相談から手続きの流れや問題解決の方法を身内になったつもりで丁寧にお伝えするを姿勢にあります。無料相談をして、安心できる担当者や料金体系、フォロー体制を確認した上で納得いただいた上でご依頼下さい。「相談したら、いきなり契約をしなくてはいけない」なら、安心して気軽に相談にも行けません。是非とも安心して無料相談をご活用ください。

お電話でのご予約はこちら 横浜・渋谷・藤沢を中心に、相続・遺言の無料相談! 0120-822-489 相続・遺言の
無料相談
メールでの
お問い合わせ