限定承認の流れ

Ⅰ.家庭裁判所に限定承認の申立

相続放棄と同じように、家庭裁判所に対して申述を行い、家庭裁判所の受理の審判によって効力が生じます。なお、相続人が2人以上の時は、相続人全員が共同して申述を行う必要があります。

限定承認申述の期間は、相続開始を知った時から3か月以内とされていますが、相続人の中に、熟慮期間を徒過している者がいても、他の相続人の熟慮期間内であれば、共同相続人全員で限定承認を行うことができるとした判例があります。

【添付書類】

 

Ⅱ.請求申出の公告・催告

限定承認は、相続財産に関する債権債務を清算する制度であるため、まずは債務の額及び債権者を明らかにする必要があります。その手段として、限定承認をした相続人が債権者に請求申出の公告(被相続人に対して債権を持っている人がいれば名乗り出て下さいという公告)を、限定承認の申述の受理から5日以内にしなければなりません。なお、共同相続の場合は、相続財産管理人が選任されるため、公告の期限は、管理人選任審判の告知を受けてから10日以内とされています。そして、すでに把握している債権者には個別の申出を催告します。

なお、公告の申込は、最寄りの官報販売所にて行います。公告に定められた期間内(2か月)に、申出をしなかった債権者で限定承認者に知れなかったものは、残余財産があれば残余財産に対してのみ権利を行使することができます。

公告には期間内に請求の申出がないとその債権が弁済から除斥される旨を付記することが必要です。但し限定承認者は把握している債権者を弁済から除外することはできません。

 

【公告期間内(2か月)に行うこと】

Ⅲ.財産管理口座の作成相続人が2人以上の場合)

相続人が2人以上の時は、相続人の1人が家庭裁判所によって相続財産管理人に選任されるため、選任された相続財産管理人が今後の清算手続きを行っていくための口座を開設致します。

 

Ⅳ.相続財産の換価手続き

被相続人名義の銀行口座がある場合には、限定承認の審判書を使い、財産管理口座に預金の解約をしていきます。

また、相続財産の中に不動産はあるときは、相続財産管理人は裁判所に不動産競売の申立をしてその不動産の換価を行います。しかし第三者がその不動産を競落してしまう可能性があるため、相続人がその不動産に住み続けることが難しくなります。そこで、どうしてもその不動産を手元に残したいというような場合には、家庭裁判所に鑑定人の申立をして、不動産競売手続きを止め、相続人が優先的に買い取ることができます。

※被相続人は生命保険に入っており、相続人がその不動産を買い取れる程度の生命保険を受け取っているというような場合には、この方法で不動産を手元に残すことができます。

 

【公告期間後に行うこと】

Ⅴ.配当弁済手続き

公告期間が過ぎると、相続財産管理人は、届出のあった債権者やその他の知れたる債権者に対して、それぞれの債権額の割合に応じた配当を行います。

債権者のうち、利息制限法を超える利息で貸付を行っているような債権者については、利息制限法による引き直し計算をして、債務が残ればその額を基準として配当し、過払金が発生しているような場合には過払金の返還を受けます。

 

Ⅵ.残余財産の処理

上述の債権届出期間に申し出なかった債権者や、相続人が知らない債権者がいた場合には、これらの債権者は、以上の配当手続の結果残った残余財産についてのみ弁済を受けることができます。それでもなお残余財産に余りがあった場合には、債権者からの請求があった場合には弁済に充てる必要があるため、原則手つけずにそのままにしておいた方が良いかもしれません。

 

限定承認(家庭裁判所への限定承認の申立て)について

 

相続・遺言に関するご相談は専門家集団オーシャンへ!

90分完全無料 相続・遺言に関する無料相談はこちら
  • 完全無料で手続きの流れをお伝えいたします。
  • 期間や費用、税金、実費を明確にお伝えいたします。
  • できるだけ費用を掛けたくない方のローコストプラン、丸投げしたい方のプランなどもご案内いたします。

まずは、無料相談を通じて全体像を確認しましょう。

まずは、お気軽にお問合せください。

お問い合わせフリーダイヤル

横浜本店 0120-822-489 渋谷支店 0120-489-775 藤沢支店 0120-489-511

 

出張相談対応

※足が悪いので相談に行くのは大変な方、最寄りの相談室に相談に行きたい方、どうぞお気軽にお問い合わせください。

出張相談オフィス

  • 川崎相談室(川崎駅 徒歩3分)
  • 町田相談室(JR町田駅 徒歩1分)
  • 池袋相談室(JR池袋駅 徒歩3分)

出張相談室をご利用の方は、お電話にてお申し付けください。


※川崎・町田・池袋では、当法人の職員は常駐しておりません。無料相談室の利用のみとなります。担当者は横浜・渋谷・藤沢から、無料で出張相談に対応いたします。必ず事前予約をお願いします。

   
 

 

相続遺言相談センターをご案内します

探している内容は、見つかりましたでしょうか?
もし見つからないようでしたら、こちらのご案内ページから探してみてください。 

ご案内ページ
  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内 横浜事務所:横浜市西区高島2丁目14-17 クレアトール横浜ビル5F 藤沢事務所:藤沢市鵠沼石上1丁目1-1 江ノ電第2ビル4F 渋谷事務所:渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティWEST オフィス棟22階
  • アクセス
    横浜事務所:JR線・京急線・東急東横線、みなとみらい線 横浜駅徒歩2分
    藤沢事務所:JR線・小田急線 藤沢駅徒歩3分 江ノ島電鉄 藤沢駅 徒歩1分
    渋谷事務所:京王井の頭線 渋谷駅直結 渋谷マークシティWESTオフィス棟22階
  • 県内からのアクセス
  • オーシャン・ブログ
  • 戸籍謄本取り寄せオンライン
  • いきいきライフ協会
  • 遺産分割調停 弁護士相談プラザ|法律事務所オーセンス
おもてなし規格認証