不動産や証券がある場合の限定承認

こちらでは、相続財産の中に、不動産や有価証券がある場合の限定承認についてご案内いたします。

相続人の方の中には、もしかしたら借金があるかもしれないということで、プラスの財産がある場合でも、とりあえず限定承認の手続きをしておこうと考える人もいらっしゃるかもしれません。一見すると、民法上は便利な制度に見えますが、不動産や有価証券など取得時の評価と現時点での評価に差額が発生する財産の場合には、税務上は非常に危険な落とし穴があります。

ここでは、この不動産や有価証券がある場合の限定承認についてご説明していきます。この手続きは、非常に複雑な手続きとなりますので、どうぞお気軽に当センターの無料相談をご活用ください。

不動産や有価証券の限定承認で注意すべきは、みなし譲渡所得税

限定承認の手続きを行った場合、税法上では、被相続人に対して、財産を時価で相続人に渡したとみて「みなし譲渡所得税」がかかります。「みなし譲渡所得税」とは、譲渡所得があったとみなして、税金をかけるという意味合いになります。

被相続人に対して、「すべての財産を時価で売却し収入があった」とみなし、「その財産の取得費などの経費」をそこから「差し引いた所得」に対して所得税がかかります。そのため、含み益がある財産(例えば購入した時よりも値上がりしている土地や株式)がある場合、限定承認をすると、被相続人に対して所得税がかかることになります。なお、現金の場合、含み益がありませんので、「みなし譲渡所得税」はかかりません。

こうした場合には、相続人は被相続人の所得税について、準確定申告(税法上の期限は4ヶ月)をもって、所得税の申告・納付をする必要があります。

被相続人に対しての所得税は債務となり、その増額した債務は限定承認の手続きによりプラスの財産を超える場合は切捨てされます。そのため、被相続人がプラスの財産よりマイナスの財産のほうを多く持っている場合は、相続人において基本的にデメリットはありません。

ただし、被相続人が明らかに、マイナスの財産よりプラスの財産のほうを多く持っていれば、所得税の分だけ損をすることになります。つまり、限定承認の手続きは、初期の段階から税理士と手続きの進め方を確認しながら、進めていくことが重要です。 

gentei_img.png

限定承認(家庭裁判所への限定承認の申立て)の関連ページ

初めての方にもわかりやすく解説します

相続手続き、遺言書、生前対策を調べる・学ぶ

相続遺言相談センターの
無料相談のご案内

1

まずは、お気軽にお問い合わせ下さい!

お電話にてお客様のご都合の良い日時をお伺いいたします。
当事務所の専門家のスケジュールを確認させて頂き、ご来所又はご訪問のご予約をお取りいたします。

2

ご予約いただいた日時に事務所へお越しください。

多くの方は、司法書士や行政書士などの事務所に訪問されたことが無いと思いますので、すこし緊張されるかもしれませんが、ご安心ください。
当センターでは、スタッフが笑顔で対応させていただきます。場所が分からない場合には、丁寧にご案内させていただきます。お気軽にお電話ください。

3

無料相談にてお客さまのご相談内容をお伺いいたします。

およそ90分前後の無料相談では、専門家がご相談内容をしっかりとお伺いさせていただきます。
そのうえで、どのような手続きが必要となるのか、一連の手続きの流れと注意点について丁寧にお伝えさせていただきます。どうやったら余計な手間や無駄な税金を省けるかなど、お客様の立場にたって分かりやすくお伝えいたします。

「お客様の家族のように」お手伝い。

何よりも当センターが大事にしている事は、スキルやサービス品質はもちろんですが、「お客様の家族のように」をモットーとして完全に無料相談から手続きの流れや問題解決の方法を身内になったつもりで丁寧にお伝えするを姿勢にあります。無料相談をして、安心できる担当者や料金体系、フォロー体制を確認した上で納得いただいた上でご依頼下さい。「相談したら、いきなり契約をしなくてはいけない」なら、安心して気軽に相談にも行けません。是非とも安心して無料相談をご活用ください。

相続・遺言の
無料相談
お電話でのご予約はこちら 横浜・渋谷・藤沢を中心に、相続・遺言の無料相談! 0120-822-489 メールでの
お問い合わせ