国内最大級!年1200名利用の相談センター 家族信託対応 横浜・藤沢・渋谷で初回の無料相談から相続手続き、遺産相続、遺産分割協議書、名義変更、遺言書作成サポート!行政書士・司法書士法人オーシャン。

遺留分を侵害されている

遺留分とは・・・

相続の際には一般的に、遺言があれば遺言が優先とされていますが、亡くなった方に近しい人には、遺言では「渡さない」と書いてあっても、最低限は遺言や遺志に関係なく相続財産を受け取ることができるという制度です。請求することで、既にされた相続財産の効果を元に戻し、遺留分を返してもらうことができます。

具体的には、遺留分って誰がもらえるの・・・?

もらうことができるのは、法定相続人のうち、配偶者、子、直系尊属です。 子の代襲相続人、胎児も無事に出産すれば、子としての遺留分が認められます。 ただし、相続欠格及び廃除の場合には、代襲者が相続人となり、 その方が同時に遺留分権利者となります。

遺留分ってどれぐらいもらえるの・・・?

直系尊属のみが相続人である場合は全体相続財産の1/3、その他の場合(相続人が子のみ、配偶者のみ、配偶者と直系尊属の場合など)は相続財産の1/2が遺留分として保障されることになります。 相続人一人一人の遺留分額は法定相続分に従って 、遺留分全体の額を元に計算されます。

遺留分を請求したい!

遺留分を私ももらえるのかもしれない、遺留分を侵害されているのかもしれない・・・ と思った方は遺留分減殺請求を行いましょう。 この請求は相手にそのことを伝えるだけで効力は生じます。 しかし後々のことも考えると、 内容証明郵便で送るなどしてしっかりとした方式にした方が良いでしょう。 書面を送るときに気を付けなければいけない事項としては、 誰を相手方にして書面を送るのか、遺贈と贈与の場合にどちらから遺留分を受け取るのか、 時効になっていないか、現物で返してもらうのか、価格賠償をしてもらうのかといったことが挙げられます。

相手から快く返してもらえるよう、お手伝い致します。 お気軽にお問合せください。

難しい相続に関するご相談は、実績あるオーシャン事務所にご相談を!

難しい相続案件のコーディネート業務は、専門家の連携と業務熟練度と経験件数によって、大きく異なります!必ず相続専門の事務所に相談しましょう。

国内トップクラスのオーシャンの実績

  • 弁護士+司法書士・行政書士 …年間20~30件
  • 税理士+司法書士・行政書士 …年間60~70件
  • 複雑な相続関連業務の取扱い …年間100件ちかく(取扱い案件は約900件)

→圧倒的な実績がありますので、口コミでご紹介を多数いただいております。

弁護士・税理士と同席のご相談も、いつでも無料相談が可能です!

  • 複数の法律事務所(弁護士)・税理士と連携しているため、調停や弁護士に依頼する前提ではなく、まずは財産調査の結果をもとに相続人同士で話し合いが出来るかどうか等の相続トラブルにさせない問題解決の方法を持っています。また、必要に応じて、弁護士+不動産鑑定士や、弁護士+税理士などのセッティングも非常にスピーディに対応しております。
  • 弁護士・司法書士・行政書士・税理士による役割分担があるので、弁護士でなくても司法書士や行政書士でも出来る事は、司法書士・行政書士で担当するため、掛かるコストを安く抑えることができます!ここが、一番喜ばれます。
  • また弁護士でなくては出来ない事(交渉や裁判業務など)、税理士でなくては出来ない事(相続税申告や税金計算によるシミュレーションなど)は、実力ある専門家と連携していますので、お気軽に担当者にお申し付け下さい

私たちは「お客様の不安」を知っています!

お客様の不安は「相談に行ったら、有料だったら嫌だなぁ」「相談対応した担当者が、頼りなかったり信頼できなかったら依頼したくないなぁ」「依頼した後から、後から、追加料金になったら嫌だなぁ」「相談に行ったら、その場で契約を迫られたら嫌だなぁ」など、沢山あります。私たちは「お客様の不安」を理解し、誠実に安心対応をいたします。

まずは、お気軽に無料相談をご利用ください。ご相談いただいた後に、持ち帰って家族や他の相続人とシッカリと相談する形で構いません。お気軽にお問い合わせください。

相続手続きの無料相談 お問い合わせフォーム お電話でのご予約はこちら 相続手続きに関することならお任せください! 0120-822-489