年金の手続き

遺族年金とは、遺族基礎年金、遺族厚生年金、寡婦年金があり、これに関連するものとして、 死亡一時金があります。
死亡一時金は、国民年金の保険料を「3年以上納めた人」が、 老齢基礎年金・障害基礎年金のいずれも貰わないまま死んでしまった時に、生計をともに していた遺族(家族)の方に支払われます。

こうした厚労省管轄の年金は、ほうっておいても支給される性質ではありません。
権利のある方が、しっかりと請求しなくてはいけません。
請求用紙は、年金事務所に ありますのでご自分でされるか、専門の方に依頼されるか、とにかく手続きを進めなくては 遺族年金を受給することは出来ません。 
遺族年金の受給手続き遺族年金の受給に必要な書類としては、亡くなった方と受け取る方によって異なりますが、 最低限、必要となってくるものとしましては、下記になると思います。 

年金手帳、基礎年金番号通知書、年金証書 戸籍謄本 住民票 死亡診断書 健康保険の被保険者証 源泉徴収票または所得の非課税証明書等

未支給年金の受け取り 年金は原則年6回、偶数月にそれぞれの月の前月2カ月分が支給されます。
そして、年金は死亡した月分まで支給されることになっていますので、結果として死亡した月 の年金が未支給年金となる事になります。
未支給年金を受け取ることができる遺族は、年金受給者の死亡当時その方と生計を同じくして いた配偶者、子、父母、孫、 祖父母または兄弟姉妹の順となります。

年金および死後の事務手続きの関連ページ

初めての方にもわかりやすく解説します

相続手続き、遺言書、生前対策を調べる・学ぶ

相続遺言相談センターの
無料相談のご案内

1

まずは、お気軽にお問い合わせ下さい!

お電話にてお客様のご都合の良い日時をお伺いいたします。
当事務所の専門家のスケジュールを確認させて頂き、ご来所又はご訪問のご予約をお取りいたします。

2

ご予約いただいた日時に事務所へお越しください。

多くの方は、司法書士や行政書士などの事務所に訪問されたことが無いと思いますので、すこし緊張されるかもしれませんが、ご安心ください。
当センターでは、スタッフが笑顔で対応させていただきます。場所が分からない場合には、丁寧にご案内させていただきます。お気軽にお電話ください。

3

無料相談にてお客さまのご相談内容をお伺いいたします。

およそ90分前後の無料相談では、専門家がご相談内容をしっかりとお伺いさせていただきます。
そのうえで、どのような手続きが必要となるのか、一連の手続きの流れと注意点について丁寧にお伝えさせていただきます。どうやったら余計な手間や無駄な税金を省けるかなど、お客様の立場にたって分かりやすくお伝えいたします。

「お客様の家族のように」お手伝い。

何よりも当センターが大事にしている事は、スキルやサービス品質はもちろんですが、「お客様の家族のように」をモットーとして完全に無料相談から手続きの流れや問題解決の方法を身内になったつもりで丁寧にお伝えするを姿勢にあります。無料相談をして、安心できる担当者や料金体系、フォロー体制を確認した上で納得いただいた上でご依頼下さい。「相談したら、いきなり契約をしなくてはいけない」なら、安心して気軽に相談にも行けません。是非とも安心して無料相談をご活用ください。

お電話でのご予約はこちら 横浜・渋谷・藤沢を中心に、相続・遺言の無料相談! 0120-822-489 相続・遺言の
無料相談
メールでの
お問い合わせ