国内最大級!年1200名利用の相談センター 家族信託対応 横浜・藤沢・渋谷で初回の無料相談から相続手続き、遺産相続、遺産分割協議書、名義変更、遺言書作成サポート!行政書士・司法書士法人オーシャン。

あらかじめ確認しておきたい不動産相続の対策について

不動産相続をあらかじめ確認しておくことによって、相続が開始されたときにスムーズに手続きを進めることができます。

ここでは事前に対策できることを一緒に確認していきましょう。

不動産の相続にまつわるトラブル事例と対策

不動産相続でトラブルになる原因としては、相続財産の分割方針等で相続人間で揉めてしまったりします。
また、長い間相続人と連絡を取っておらず、話し合いができなくて分配方法を決められずに手続きを進められない方など、事情は様々ありますが、トラブルになるケースは多くあります。

①平等にわけられないケース

原因:相続財産は、預貯金のように、現金で全て分けられるわけではありません。
不動産の相続では、持分でわけて共有状態にしたり、一人が全て不動産を相続し、代償金として、他の相続人に現金で支払うなど方法は様々ですが、相続人のうちの1人でも分割内容を正確にりかいしていなかったり、納得できていなければ、トラブルの原因になってしまいます。

対策①:換価分割
換価分割とは、不動産を売却して、その売却金を相続人の間で分ける方法のことです。
例)不動産売却価格が4000万円、経費で400万円かかったとして、3600万円
  このケースで相続人が4人の場合は1人900万円ずつ平等に分けることができます。
誰か1人の名義にして売却、出た利益を相続人で分けることになります。譲渡所得税はお金もらった人全員が申告が必要となります。

対策②:代償分割
代償分割とは、相続人の1人が不動産の相続をし、その代償をほかの相続人に現金等で返すことです。

対策③:共有分割
共有分割とは、一つの土地全体を相続人間で共有の持分として分ける方法のことです。
例)相続人が4人いる場合で、4人で共有する際には4分の1ずつそれぞれが相続する形になります。
※注意点
共有分割のケースで、土地活用する場合が所有者全員同意が必要になります。
相続人間での意見が割れてしまうなどで、土地の活用ができなくなってしまうことがあるため、しっかりと話し合いをした上で、分割方法を決定することをおすすめいたします。

対策⑤:現物分割
現物分割とは、土地を分筆して相続することです。
例)4人の相続人がいる場合は、4筆で分筆して土地を所有します。

②相続人間でトラブルになるケース

相続人間で人間関係がうまくいっていない、また、戸籍を確認したところ相続人となる子供がいたなどの事例も多くあります。関係性の薄い同士で不動産の相続という大きなことを決めることはとても難しいです。
対策:お亡くなりになる前に、しっかりと事実関係を聞いておくことが大切となります。
また、遺言書を作成しておくこともいいでしょう。相続が発生した後であれば司法書士など中立な立場にいる専門家に依頼した方がトラブルが少なく進むのでおすすめです。

③誰が相続をするか決められないケース

もともと相続人間の仲が悪く、決めるに決めることができないケースや、不動産を1人で相続したい等の原因により、不動産を誰が相続するのかをなかなか決めることができないケースも多いです。
また、上記でもお伝えしたように、連絡の取れない相続人がいる場合、話合いをすることができず、不動産を相続する人を決めることができないといったことがあります。
対策:あらかじめ遺言書を作成しておくことをおすすめいたします。
※出来ないほど関係性が悪化してしまったら、弁護士や遺産分割調停に進むことになります。

不動産相続の対策を有効にするためにまずは専門家へ相談を!

上記でもお伝えしたように、不動産相続におけるトラブルは多くあります。
なるべくスムーズに手続きを進めていけるように専門家がしっかりとサポートさせていただきます!
 「争族」という言葉もある様に、遺産相続、特に不動産をめぐっては上記の様に多くのトラブルがあります。
こじれてしまう前に、スムーズに手続きを進めるためにも、司法書士など相続の専門家を入れることが大変有効です。
生前であれば遺言書の作成や不動産の分筆、相続発生後であれば公平中立な立場で相続人同士の遺産分割協議や手続きをサポートすることができます。
不動産の査定も行っているため、全面的にサポートさせていただきます。
弊社に依頼したら相続に強い税理士、弁護士をご紹介をすることも可能です。

相続手続きの無料相談 お問い合わせフォーム お電話でのご予約はこちら 相続手続きに関することならお任せください! 0120-822-489