相続手続きの相場とは

相続手続きの依頼や遺言書の作成を検討しているものの、費用が高いのか安いのか、適正な価格が分からないので心配、無料相談に行くにもちょっと不安な方もいらっしゃるのではないでしょうか。

それはそのハズですね。相続にしても、遺言にしても、一生のうち何度も経験するものではありませんので、相続専門の法律家に関わってもらうこと自体、慣れている方なんていませんね。

ここでは、相続専門に扱っている当センターの方で費用について分かりやすくご説明させていただきます。 

信託銀行でも同じようなサービスを展開しているようだが、どう違うのか?

まず、遺産相続の業務においては専門家が明確に決まっています。
これは各行政機関が縦割りのように、残念ながら国家資格者もその下部団体にあたるため与えられている権限も縦割りになっています。 

  • 戸籍収集と相続関係説明図: 行政書士、弁護士 ※不動産があれば司法書士
  • 財産調査・遺産目録の作成: 行政書士、弁護士
  • 遺産分割協議書の作成: 行政書士、弁護士 ※不動産があれば司法書士
  • 不動産の名義変更: 司法書士
  • 預貯金の名義変更: 金融機関・代行業者 ※専門の国家資格はありません
  • 相続税の申告: 税理士
  • 遺産分割調停: 弁護士 ※調停の申立てのみ司法書士


このような役割分担になってしまうのは、それぞれ行政書士法、司法書士法、税理士法、弁護士法にもとづいて誰がどのような業務が出来るかが決まっているためです。
こうした背景もあって、相続手続きを専門に扱う専門事務所では、お客様にご不便をかけないためにも、当センターのように「行政書士・司法書士」の国家資格が最低限の要件として必要となってくるのです。
 

こうした役割分担は分かりづらいと思いますが、この観点では、信託銀行に遺産相続の業務をお願いしても、委任状を使って誰でもできる業務※以外については、信託銀行で取り扱うことが出来ません。これは法律違反になってしまうためです。
ですから、結局のところ信託銀行も専門の国家資格者に依頼して手続きを進める形となります。

※国家資格者に認められている法律業務は、一般の個人でも、信託銀行でもお金をいただく業務として扱う事は出来ません。戸籍収集や金融機関資料のみはこれに該当しません。

 

信託銀行の費用が分かりづらいのですが、どうなっているのですか?

確かに信託銀行に限らず、遺産総額の〇%という報酬体系では費用が分かりづらいかもしれません。例えば、下記の大手信託銀行さんの報酬をご欄下さい。

大手A信託銀行の報酬

 財産規模 報酬 
5,000万円以下の部分 2.0%
5,000万円超 1億円以下の部分 1.5%
1億円超 2億円以下の部分 1.0% 
2億円超 3億円以下の部分 0.8% 
3億円超 5億円以下の部分 0.6%
5億円超 10億円以下の部分 0.5%
10億円超の部分 0.3%


あまり慣れないので、分かりづらいとは思いますが、例えば相続財産が3000万円とするとその2.0%相当の60万円が報酬になります。相続財産が1億円とすると、5000万以下は2.0%ですから報酬は100万円。加えて5000万円を超える部分については1.5%ですから報酬は75万円となり、合計で175万円ということになります。
つまり、財産規模の段階に応じて、報酬パーセントが異なるという事です。
 

これに加えて、多くの信託銀行では最低報酬を100万円(税別)としていますので、上記の場合でみていくと、下記のようになります。 
 

  • 相続財産3,000万円 → 60万円 100万円 ※最低報酬以下であるため
  • 相続財産1億円 → 175万円


しかし、これだけではありません。一番はじめに相続業務の役割分担をお伝えさせていただきましたが、遺産相続の業務において核となる業務は、法律家の専門業務にあたるため、上記の金額に加えて、

  • 相続財産3,000万円 → 100万円 + 司法書士の報酬(10万円前後?
  • 相続財産1億円 → 175万円 + 司法書士や税理士の報酬(10万円+70万円前後?

 

こうなると、相続財産が3,000万円の方はおそらく110万円前後の報酬となると思います。
相続財産が1億円の方は、250万円を超えるの報酬となるかもしれません。

やはり、上場しているような非常に信頼度の高い会社に依頼することも重要であると思いますが、それにしても、ちょっと引いてしまうような金額になってしまいますね。 

 

当センター(行政書士・司法書士法人オーシャン)の報酬をご紹介します

<相続財産が3,000万円で不動産が1件の一般的な相続手続きの場合>

  • 相続財産3,000万円 → 181,000円 ※名義変更を含めた手続き一式となります

※一般的な信託銀行の報酬と比較すると、90万円ちかくお安くなるほか、相続手続きの専門家が対応しますので、より専門的な対応が直接できるかと思います。

<相続財産が1億円を超えて、相続手続きと相続税申告が必要な場合> 

  • 相続財産1億円 → 398,000円 ※相続税申告に対応した手続き一式
    相続税申告 → 700,000円 ※協力先の税理士の目安の金額

※一般的な信託銀行の報酬と比較すると、140万円ちかくお安くなるほか、相続手続きと相続税に関する専門家が対応しますので、より専門的な対応が直接できるかと思います。

 

やはり、財産の〇%+司法書士の報酬や税理士の報酬となっている料金体系では、二重に費用が掛かってしまいますので、割高感が否めないようにも思います。
どのように判断されるかはお客様次第ですが、どのような料金体系であるのかしっかりと確認してみることも大事ではないでしょうか。

当センターでは、事前に料金について公開しているほか、事前に明確にお伝えして、後から後から聞いていない追加料金が掛かる事が無いようにしております。
お気軽にご相談ください。 

 

相続・遺言に関するご相談は専門家集団オーシャンへ!

90分完全無料 相続・遺言に関する無料相談はこちら
  • 完全無料で手続きの流れをお伝えいたします。
  • 期間や費用、税金、実費を明確にお伝えいたします。
  • できるだけ費用を掛けたくない方のローコストプラン、丸投げしたい方のプランなどもご案内いたします。

まずは、無料相談を通じて全体像を確認しましょう。

まずは、お気軽にお問合せください。

お問い合わせフリーダイヤル

横浜本店 0120-822-489 渋谷支店 0120-489-775 藤沢支店 0120-489-511

 

出張相談対応

※足が悪いので相談に行くのは大変な方、最寄りの相談室に相談に行きたい方、どうぞお気軽にお問い合わせください。

出張相談オフィス

  • 川崎相談室(川崎駅 徒歩3分)
  • 町田相談室(JR町田駅 徒歩1分)
  • 池袋相談室(JR池袋駅 徒歩3分)

出張相談室をご利用の方は、お電話にてお申し付けください。


※川崎・町田・池袋では、当法人の職員は常駐しておりません。無料相談室の利用のみとなります。担当者は横浜・渋谷・藤沢から、無料で出張相談に対応いたします。必ず事前予約をお願いします。

   
 

 

相続遺言相談センターをご案内します

探している内容は、見つかりましたでしょうか?
もし見つからないようでしたら、こちらのご案内ページから探してみてください。 

ご案内ページ
  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内 横浜事務所:横浜市西区高島2丁目14-17 クレアトール横浜ビル5F 藤沢事務所:藤沢市鵠沼石上1丁目1-1 江ノ電第2ビル4F 渋谷事務所:渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティWEST オフィス棟22階
  • アクセス
    横浜事務所:JR線・京急線・東急東横線、みなとみらい線 横浜駅徒歩2分
    藤沢事務所:JR線・小田急線 藤沢駅徒歩3分 江ノ島電鉄 藤沢駅 徒歩1分
    渋谷事務所:京王井の頭線 渋谷駅直結 渋谷マークシティWESTオフィス棟22階
  • 県内からのアクセス
  • オーシャン・ブログ
  • 戸籍謄本取り寄せオンライン
  • いきいきライフ協会
  • 遺産分割調停 弁護士相談プラザ|法律事務所オーセンス
おもてなし規格認証