遺言書・家族信託サポート

ここでは、下記のサポートについてご案内させていただきます。

  • 「遺言書」…自筆証書遺言と公正証書遺言の作成、遺言の執行に関するお手伝い
  • 「家族信託」…家族信託に関するお手伝い
  • 「生前贈与」…不動産や金銭の生前贈与に関するお手伝い
  • 「身元保証」…老後の身元保証サポート

遺言書の作成サポート

下記料金は、自筆遺言の報酬となります。公正証書は下記一覧の下をご確認下さい。

公正証書遺言・秘密証書遺言の作成サポート

公正証書遺言の場合、上記費用に加えて3.3万円の報酬(税込)をいただいております。
また、当センターから証人2名を
立会い人として担当させていただく場合、2名分の日当2.2万円を追加でいただいております。
※公証役場での証人は、「配偶者」や「子ども」等はなることができないと法律で定められております。また身内から選ばれると内容の漏えい等により後々トラブルへ発展するケースも多くあることから、司法書士や行政書士など法律家の第三者にされることをお勧め致します。遺言書にも名前が残ります。

夫婦で公正証書遺言を作成される場合の あんしんサポート

夫婦で公正証書遺言を作成して、今後のための安心の対策を図っておきたいという場合は、夫婦で公正証書遺言を作成するプラン「むつみ」をお勧め致します。
「むつみ」で、ご依頼いただくと通常よりも59,000円分も安く遺言書の作成が可能です。
「むつみ」については、こちらからご確認ください

オーシャンの遺言執行報酬

遺言執行の報酬は、金融機関などにお願いすると、最低報酬が150万円~だったりと、ものすごい高額な費用に驚かれると思います。私どもオーシャンでは、遺言執行業務を専門に取り扱う社団法人にて、遺言執行業務を担当させていただいております。

報酬は、こちらをご確認下さい。 → 遺言執行報酬

遺産相続を見据えた遺言書作成や、事業承継を前提とした遺言書作成の場合には、正確な財産調査を同時に行うことを推奨しております。トラブルを未然に防ぐ為にも、非常に重要となりますので、是非とも一度ご相談ください。
※市役所や公証役場等にて必要となる法定費用や手数料その他、必要書類の取り寄せ時にかかる郵送料等は、実費を目安に別途ご負担願います。


家族信託(民事信託)サポートプラン

●上記は、信託の対象となる不動産1件と金融資産の合計金額となります。不動産が2件以上は別途見積りとなります。
●事案が複雑な場合は別途、信託専門の弁護士によるリーガルチェック報酬が必要となる場合があります。
●信託監督人・受益者代理人・信託管理人への就任は、別途見積りとなります。

<個別費用の目安>
1.  事前のスキーム確認(3回×2時間) ※報酬15%:  79,200円
2.信託契約書の作成: 140,800円 
3.公正証書の作成: 55,000円
※公正証書で作成しない場合、別途リーガルチェック
4.信託スキームにおける税務チェック  ※報酬25%: 132,000円
5.信託不動産の登記申請(1件): 88,000円
※登記件数が複数ある場合、件数分の加算があります
6.運用に関するアドバイス: 33,000円
※信託契約締結後の管理運用についてご案内致します。

生前贈与手続きサポートプラン

<個別費用の目安>
1. 登記事項証明書閲覧 サポートプランご依頼時は無料
2. 必要書類取得 サポートプランご依頼時は無料
 不動産評価証明書取得
 戸籍、住民票等取得費用
 不在住証明書、不在籍証明書取得
 登記事項証明書取得
3. 贈与契約書等の作成 22,000円
贈与契約書 1,000万円以上1,000万円毎プラス11,000円
※負担付贈与・条件付贈与は協議により設定させていただきます。
4. 不動産登記申請一式 30,800円
所有権移転登記(贈与) 1,000万円以上1,000万円毎プラス11,000円
不動産2筆目以上1筆事プラス2,200円

<オプション>
・戸籍、住民票取得費用 2,200円/通
・不在住証明書、不在籍証明書取得費用 3,850円/通
・登記事項証明書取得費用 1,100円/行
・本人確認情報作成費用 55,000円
・登記原因証明情報(贈与) 11,000円
・所有権登記名義人表示変更 11,000円
・申述書作成 11,000円
・ご自宅訪問(初回は無料) 16,500円/日

※贈与財産が6,000万以上であるときは、1,000万円毎プラス22,000円とさせていただきます。
※上記に記載がない場合は、協議により設定させていただきます。
※この報酬額とは別に実費(法定費用・手数料・交通費等)がかかります。

尊厳死に関する公正証書の作成

  • 「いざという時の介護医療に関する意思表示宣言」公正証書

報酬: 44,000円(税込)

※面談2回対応(初回相談は無料)
※公証役場での手数料(11,000円の目安)は別途になります。

尊厳死を希望します、という曖昧な表現では、結局のところ残された遺族や医療関係者は判断できず、ご本人様の意思通りに手続きを執り行うことが難しい場合があります。また尊厳死に関する団体に加盟している証明書は、ご家族様などの近親者に判断してもらう拠り所にはなりますが、確実に本人の意思の通りにはなりません。一親等の妻や子供など、明確に医療に関する方針を医師に伝えてくれる方がいらっしゃる場合は、柔軟に対応いただける場合が多いと聞きますが、そうではない場合には終末期の医療など人命に関わる判断は、そうした証明書では全く保証できません。間違い無い意思を遺したい方は、公正証書にて宣言死に関する公正証書(いざという時の介護・医療に関する意思表示宣言)を作成される事をお勧めいたします。

個別のお見積りは無料相談でお伝えすることができます。

また、その際にご依頼を決定していただく必要は一切ございませんのでご安心ください。オーシャングループでは、国内でも有数の実績ある行政書士・司法書士のグループです。きちんとした対応が可能でございます。ぜひお気軽に無料相談をご活用ください。

まずはお気軽にお電話ください

  • 初回60分~90分あんしん無料相談
  • オーシャンが選ばれる理由
  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内はこちら
  • お問い合わせ

相続遺言相談センターのお手伝いとサポート料金について