相続・遺言の相談事例

遺言書作成 | 相続遺言相談センター

遺言書を自筆で書きたいのですが、書式などがあれば教えてください(平塚市)

2016年05月09日

平塚市の方より遺言書のご質問

遺言書を自筆で書きたいのですが、書式などがあれば教えてください。

 

自筆遺言書にはルールがあります。

法律で決められた書式はありませんが、ルールはあります。このルールを守らないと、せっかく書いた遺言書も無効になってしまうのです。遺言書の書き方にルールがあるなんて初耳!と言われる方がよくいらっしゃいます。ルールを知らなかったが故に、無効になってしまったら非常に残念ですよね。

例をあげますと

  • 全て自筆で書かなければならない⇒ワープロやパソコンで作成したものは認められません
  • 日付をきちんと書くこと⇒2016年5月吉日などは認められません
  • 氏名を書く⇒必ず作成者のみの名前を書かなければなりません。2名以上の署名があると無効となります。
  • 押印する⇒押印は「実印、認印」どちらでも構いません。

など、他にもルールがあります。ルールさえ守れば、紙の指定はなく縦書きでも横書きでもOKです。
オーシャンでは、自筆の遺言書作成を28,000円(ファミリー遺言プラン)からお手伝いしております。遺言書の書き方のご相談など、ご不明な点は行政書士・司法書士法人オーシャンの無料相談をご利用ください。平塚から、藤沢までは東海道線で10分でお気軽にお越しください。

 

 

財産を第三者に相続させたいので遺言書を作成したい(藤沢市)

2016年04月16日

藤沢市の方よりいただいたご相談事例

私の財産を第三者に相続させる旨の遺言書を作成したいと思っているのですがどのように書くのか、また、確実に遺言を遺したいのですが、どうすればよいでしょうか。

 

公正証書遺言で作成をおすすめします。

ご質問者様のように「第三者へ財産を与えたい」という場合は「遺贈」により財産を贈与します。遺贈とは遺言書を通して、財産を与えることをさします。遺贈により財産を受け取る者を受遺者といいます。

ちなみに、相続とは法定相続人に対する行為ですので、第三者に「相続する」という旨を遺言書に書いても効力はありません。少しややこしいですが、遺言書では「相続人」を決めることはできません。ですので、遺言を通して第三者に財産を与える際には、第三者へ遺贈する旨を書き残します。

遺言書には、「自筆証書遺言」と「公正証書遺言」がございます。確実に遺言を遺したいという事であれば、「公正証書遺言」で作成されることをおすすめします。公正証書遺言は証人2人の立会のもとで、公正人役場で作成いたします。紛失する心配もなく、原本は役場で保管されるので変造される心配もありません。

湘南藤沢・相続遺言相談センターでは、遺言書の作成サポートも行っておりますので、遺言書をご検討の方は、無料相談をご利用ください。

 

 

この回答をした相続遺言相談センターの担当者

司法書士法人オーシャン
代表司法書士 山田 哲

  • 初回の無料相談会
  • 事務所案内はこちら
  • 事務所へのアクセス
  • 事務所案内 横浜事務所:横浜市西区高島2丁目14-17 クレアトール横浜ビル5F 藤沢事務所:藤沢市鵠沼石上1丁目1-1 江ノ電第2ビル4F 渋谷事務所:渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティWEST オフィス棟22階
  • アクセス

    横浜事務所
    JR線・京急線・東横線 横浜駅2分
    相鉄線・市営地下鉄 横浜駅4分


    藤沢事務所
    JR線・小田急線 藤沢駅3分
    江ノ島電鉄 藤沢駅1分


    渋谷事務所
    JR線・各線 渋谷駅3分
    渋谷郵便局(宮益坂)より200m

  • 県内からのアクセス
  • オーシャン・ブログ