国内最大級!年1200名利用の相談センター 家族信託対応 横浜・藤沢・渋谷で初回の無料相談から相続手続き、遺産相続、遺産分割協議書、名義変更、遺言書作成サポート!行政書士・司法書士法人オーシャン。

一般家庭のための遺言書作成

igon1021.png

ここでは、一般家庭で検討するべき遺言書作成のポイントと注意点について 分かりやすくご説明させていただきます。

うちには、遺言書なんて必要無いのでは??」と、思われている方は、 要注意です。本当に必要が無いのか、しっかりと確認していきましょう。

また、安心・納得のサポートプランとして、ファミリー遺言プランも ご紹介させていただきます。確かに一般家庭では、20万円ちかくも掛けて 公正証書遺言を作成する必要があるのか、意見が分かれるところですが、 総額5万円ほどでしっかり対策できるとしたら、やらない手はありませんね。

 ファミリー遺言プラン含めて、是非ともご検討ください。

遺言書作成のポイントについて

不動産しか相続財産がない場合の対策

子供同士でのトラブル防止(遺留分)対策

相続税対策

安心・納得! ファミリー遺言プラン 30,800円~

ファミリー遺言プランの場合、下記の①~③に当てはまる方がその対象となります。

①遺言者に、離婚歴がないこと。 ②遺言者に、お子様がいらっしゃること。実子のみ。 ③相続財産の総額が5000万円以下であること。 それぞれ不動産の固定資産評価額3000万円以下。預金の総額3000万以下であること。

こちらの条件に当てはまる方を対象に、ファミリー遺言プランをご案内しております。

一般家庭であっても、家族の一体感よりも個人主義的な権利意識の向上、そして法定相続分 の主張(遺留分減殺請求)などの法律手続きの浸透などによって、様々な法的なトラブルが 増加しているのが実情です。 さらには、増税の時代でもあります。これまで相続人2人であれば基礎控除が7000万円と なっていたところが、平成27年度以降は、同じく相続人2人の場合は基礎控除が4200万円 となり、サラリーマンの家庭であっても相続税の対策が必要となっていきます。

こうした状況をみると、一般家庭であっても「遺言書とは無縁ではない」時代になってきた といえるのではないでしょうか。 

ファミリー遺言プラン

  • 遺言書作成におけるサポート料金: 30,800
  • 秘密証書遺言として作成する場合: 12,100円 ※公証役場にて必要になります。
  • 遺言書作成における立会人2人: 11,000円 ※秘密証書の場合は証人5,500円×2名

ファミリー遺言プランと作成の流れはこちらから

詳細はこちら

相続手続きの無料相談 お問い合わせフォーム お電話でのご予約はこちら 相続手続きに関することならお任せください! 0120-822-489