国内最大級!年1200名利用の相談センター 家族信託対応 横浜・藤沢・渋谷で初回の無料相談から相続手続き、遺産相続、遺産分割協議書、名義変更、遺言書作成サポート!行政書士・司法書士法人オーシャン。

遺言書の付言事項とは

相続で家族がもめないようにするには、遺言書を作成しておくことは有効な手段のひとつです。
遺言書の中でも付言事項は相続人に自身の思いを伝えるメッセージ性の強いものになります。
ここでは、付言事項の書き方や注意点について確認していきましょう。

付言事項とは

遺言書の内容は、法的効力を有する法定遺言事項と、法的効力を有しない付言事項に分けられます。
法定遺言事項に記載する内容は、「相続分の指定」「遺産分割方法の指定」「子どもの認知」「相続人の廃除」「遺贈」「遺言執行者の指定」「特別受益の持戻しの免除」「祖先の祭祀をつかさどる地位の継承者の指定」などがあります。これらは、遺言書に記載することで法的効力が認められます。

一方、付言事項は、法的効力は有していません。法定遺言事項以外の内容であり、具体的には「感謝の気持ち」「遺言の動機」などを記載します。
付言事項は法的効力が関わらない分、遺言者の思いをありのまま伝えることができ、自由に作成できるものになっています。

付言事項をつけることのメリット

付言事項は、法定遺言事項のように決まった文言や堅苦しい文章を使わずに自由に文章を作成でき、遺言者自身の強い想いをそのまま伝えることができます。
そのため、家族に対して感謝の気持ちを伝えることができる、相続トラブルを未然に防げるなどがあります。
例えば、遺言書の相続分の内容が法定相続分と異なっていた場合や相続人以外に相続(遺贈)をする場合は相続人の中で遺産分割のトラブルになりかねません。
そこで付言事項に法定相続分ではない理由・想いを伝えることでトラブルになる危険性を少しでも抑えることができます。

付言事項を書く際の注意点

付言事項は基本的に自由に記載できるものですが、書く際に注意事項は大きく分けて2つございますので確認しましょう。

①付言事項の内容が多くなりすぎないこと

付言事項が多くなりすぎると遺言書の趣旨が曖昧になってしまいます。法定遺言事項と内容が相反しないように注意しましょう。
どうしても付言事項にたくさん想いを残したい際は、遺言書とは別に手紙やエンディングノートを残しておくと良いでしょう。
また、書面と動画では印象が大きく異なりますし、相続人以外の人(お世話になった人など)にも見てもらえるという点が、お気持ちを伝える動画を残すこともひとつの選択肢かもしれません。

②否定的なことはできる限り書かない

相続分を渡さないと決めている相続人に対して愚痴を書きたくなることもあるかもしれません。
遺言書は相続人全員が閲覧できますので、特定の相続人に対して否定的な内容の付言事項を書くと争いを引き起こす可能性となります。
付言事項にはできるだけ否定的な内容は避け、感謝の気持ちを書くことをお勧めします。

まとめ

遺言書における付言事項は、相続人間のトラブル防止に繋がり、円満な相続のためにも重要な役割があります。
そのため、遺言書作成者本人と家族との生前からの意思の疎通やコミュニケーションがとても大事です。
ただし、相続人に配慮もなく書いてしまうと、かえってトラブルを招く可能性があります。
遺言書作成の際には、書き方や内容について一度専門家に確認してもらうことをお勧めします。

相続手続きの無料相談 お問い合わせフォーム お電話でのご予約はこちら 相続手続きに関することならお任せください! 0120-822-489